インデクサを利用する

インデクサは巡回ロボットが見たWebページを後で
検証しやすいようにインデックスに入れたり、キーワードによって分けるプログラムです。

Webページは短い文章よりも多めの文章を用意することが多くなってきているので
Webページごとに検索、分析するのは大変です。

そこでインデクサを利用してSEO対策として重要な観点でWebページを分けていきます。
この作業はほぼ自動で行われるのでSEO対策に集中できるので必須と言われています。

また、キーワード分析等で利用する情報を分ける作業、特にキーワードの辞書化と
文書ファイルのカテゴリ化は重要であると言われています。

SEO対策に利用する情報をまとめてくれる秘書的な役目をしてくれます。